こんなことあんなこと

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦国自衛隊

<<   作成日時 : 2006/01/31 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

なんかやってますね・・・。

最近、戦争物が多いと感じるのです。

このドラマっていうか、むかしの戦国自衛隊の映画もそうなんですけど・・・。

切ないっていうか、悲しいですよね。

戦って、戦って、死んでいく・・・。

戦シーンがかっこいい?

己の信念をかけて?

・・・

   ・・・・

戦争映画が嫌いなわけではないのです。

ただ、こういう映画は・・・。


ただ、ただ、切ないです。

これは、戦争の空しさ、悲しさを伝えるためのものなのか。

ハリウッドの勧善懲悪な戦争映画はうんざりです。

おなじような映画を、日本の戦争ドラマで作っては欲しくないですね。

ついこのあいだ、同じように過去にタイムスリップして戦争の時代に・・・っていうドラマをみたとき。

「俺たちは、今この時代に生きてるんだ!いじいじとしてるおやじ達にはうんざりだ。国の人のために戦うんだ!」

胸が痛みました。


確かに、自分を犠牲に国を守るために戦う。
素晴らしいですね。

でも、平和を願ってなるべく人が傷つかないよう、穏便な方法を模索する人に、あんな台詞が出てくるなんて・・・しかも、そのあと何のドラマもなく、全滅・・・。

映画『戦国自衛隊』は結局全滅。

とても空しく、悲しさだけが残る救いのない映画でした。
そこに戦争の空しさを伝えたかったのでしょうか。

今回のドラマ戦国自衛隊はどうなるのでしょう・・・。


なんだか、救いがないので、笑っちゃいけない罰ゲームでも見て憂さでも晴らすかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 偶然目の前でやっていたので、吸い込まれるように観ていました。否応無く戦いに巻き込まれたり、自ら戦う決断をしたりするのを見て戦争の狂気を感じました。もう一つ別の戦争もののドラマを見ていますが、相手を負かせばそれで終わりではないんですよね。来週も観たいです。
 福岡は先週までは鬼のように寒く、今週は異常に暖かい日が続いています。
ばるびー
2006/02/01 00:24
>ばるびーさん
コメントありがとうございます('∇')

東京はこないだ暖かいと思ったら、今日はめちゃ寒いです( TДT)

体調管理がむずかしい( TДT)
kojiro
2006/02/02 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦国自衛隊 こんなことあんなこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる