こんなことあんなこと

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム好きには悲しい出来事

<<   作成日時 : 2009/06/03 23:43   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

性暴力ゲームの製造・販売禁止へ…業界の審査機関が方針
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090603-OYT1T00631.htm

まったく、なんでもかんでもゲームのせいにしやがって・・・

一時期、暴力ゲームに対して過剰に反応していた時期がありましたよね・・・。

あの時はゲーム業界は世間が興味がなくなるまで息を潜めていたわけです。

(そのせいで、一時期の血が出るシーンは黒いものが出て意味不明な描写になってたり、残酷シーンがモザイクになってたりしたなぁ・・・)

別に性暴力ゲームが出来なくなって悲しいってわけじゃないんですけどね。

こういった規制がまかりとおると、あちこちに飛び火するんじゃないかと思うわけですよ。

一度何かをやってしまうと、次にやるのは簡単に出来てしまいますからね。

変態がどうした?人間変態な部分が何一つないクリーンな奴なんているのかい?

海外から批判を受けようと、表現の自由を大切にしてたんじゃないのかい?

『与党では法規制の強化の検討も始まっており』

そんなもん検討するくらいなら、もっと別なものを検討してくれよ。

今回の件は、法規制される前に自主規制することによって矛先をかわそうって感じにも思えますが・・・

万人うけしない・・・て、いうか自分が嫌いだからって排除するって考え方じゃないですか。

青少年が影響を?

日本の性犯罪の少なさは世界でもトップレベルですよ。

そんな日本は表現の自由があってエロいゲームも沢山販売されています。

逆の結果になってますね。

『ゲーム』をスケープゴートにしたいだけじゃないですか?・・・と言いたい。

ゲームは文化。

ゲームがどれだけの商業効果を出してると思ってるんだ。

いまだに『ゲームは無用なもの』と、認識している人が多いんでしょうね。

でもゲームが好きな俺は、確かにゲームは無駄なものかもしれないけれど、映画や本などでは表現できないエンターテイメントの一つだと思うわけです。

ゲームを規制するなら、同じようなアダルトビデオも小説もみんな規制をしなければいけないよ。

そしたら、頭のネジの外れた一般常識とはかけ離れた人は

『そうだ!アダルトビデオも官能小説も規制するべきよ!!』

とか叫ぶんでしょうね。

残酷描写もまた騒がれかねない・・・

俺はホラー系の映画やゲームが好きなんです。

規制されるのは嫌!!!

彼らには是非とも単に自分の嫌いなものを排除しようとしているだけの狭量な人間だと自覚してほしいものです。

あれもだめ、これもだめ・・・どこかの共産国ですか?

そのうち、ドラマ『ひとつ屋根の下』も、レイプシーンがあったから放送禁止・・・とかになっちゃうんじゃないの?

いや、ならないか・・・映像(映画やドラマ)、書籍(小説など)は文化として認められていますからね・・・。

映画やドラマはOKでも、ゲームは文化として認められてはいないってか・・・

おや?

この台詞、どこかで・・・

・・・

Σr(‘Д‘n)アライヤダ!

そういえば、どこかの頭のおかしい某野○大臣が言っていた台詞じゃない!!

○田「餅は歴史が長く、危険性が認知されている。蒟蒻ゼリーは認知されていない。」

あ〜、そうか、政府ってクレーマー団体だったんだっけ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲーム好きには悲しい出来事 こんなことあんなこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる